岐阜市にあります山内ホスピタルは、地域の皆様に安心、安全な医療を提供致します。

  • HOME >
  • 診療案内

診療案内

科の紹介

整形外科のご案内

「活き活きとした暮らしをサポートし、気持ちを前向きに。」

当院整形外科では痛くて思うように動けない、元気が出ないという方々の活力を取り戻し、健康的な生活を支えるため、じっくり向き合い一人一人の生活・心に寄り添ったベストな治療ができるよう志しています。
地域の皆様にハイレベルな医療を提供できるよう岐阜大学付属病院整形外科の協力を得ながら、特に股関節・膝関節・肩関節・肘関節・脊椎・骨軟部腫瘍に関しては各専門医による専門外来診療を行っています。
また外来診療では改善が期待できず、手術が必要な患者様には的確な診断のもと経験豊富な専門医による手術治療が安心して受けられる体制を整えています。
皆様が安心して入院生活を送り、笑顔で退院ができ、より前向きで活動的な暮らしがもたらされるように病院スタッフ一同努力してまいります。
関節が痛い、腰が痛い、肩がこるなど様々な痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

山内ホスピタル 整形外科部長 川島 健志

整形外科に関するQ&A

Q1 外来診療体制はどのようですか?

A1 常勤整形外科医師は2名ですが、岐阜大学整形外科の強力なバックアップ体制のもとで専門性の高い外来診療を行っています。

  • 股関節外科… 岐阜大学教授 秋山治彦 医師
  • 膝関節外科… 岐阜大学准教授 松本 和 医師
  • 脊椎・脊髄… 岐阜大学特任准教授 伏見一成 医師 / 岐阜大学講師 野澤 聡 医師
  • 肩関節外科… 岐阜大学臨床講師 寺林伸夫 医師
  • 骨軟部腫瘍… 岐阜大学講師 永野昭仁 医師

上記医師の診察日に関しましては専門外来担当表をご覧ください。またはお電話で整形外科外来スタッフにご相談ください。

Q2 専門医師による手術は可能ですか?

A2 はい。外来診療では改善が期待できず、手術が必要な患者様には的確な診断のもと経験豊富な専門医による手術治療が安心して受けられる体制を整えています。

Q3 主にどのような手術が多いですか?

A3 各専門医による人工関節手術(股関節・膝関節)、関節鏡手術(肩関節・肘関節・膝関節)、脊椎手術、腫瘍切除手術を多く行っています。手術件数は年間440件程度(2019年度)です。

Q4 関節鏡手術は可能ですか?

A4 はい。当院では肩関節、肘関節、膝関節などの手術に積極的に行っています。
関節内に高性能な内視鏡を挿入し、テレビモニターに拡大して映し出す事により、詳細に病態を観察することができ正確な手術ができます。また傷跡が小さく正常組織を傷つけにくい、痛みが少ないため患者さんへの負担も小さい、などの利点があります。
主な対象疾患は以下の通りです。専門医にお気軽にご相談ください。

  • 肩関節…腱板断裂、反復性肩関節脱臼、関節唇損傷、投球障害、肩関節拘縮など。
  • 肘関節…関節内遊離体(関節ネズミ)・野球肘・上腕骨外側上顆炎(テニス肘)など。
  • 膝関節…半月板損傷、前十字靭帯断裂、後十字靭帯断裂、関節軟骨損傷など。
Q5 自己血輸血はしていますか?

A5 はい。主に人工関節手術について安心して手術が受けられるように経験豊富な医師、看護師、ME(臨床工学技士)が協力して万全の体制で行っています。

Q6 大きな手術を受けるのに、全身的な(他疾患の)フォローは大丈夫ですか?

A6 はい。内科・麻酔科のバックアップのもと、手術前にしっかりと全身状態の検査をしており、より安全に手術がうけていただける環境を提供いたします。もし高度な合併症があり、危険性が高いと判断された場合には岐阜大学附属病院など関連病院をご紹介させていただく場合もございます。

Q7 入院生活に不安があるのですが….

A7 病棟スタッフ(看護師・薬剤師・リハビリスタッフ)も術後ケアの経験が豊富で病棟生活も安心して送っていただけます。個室を希望される患者様用に本館4階と5階に個室を備えております。手術直後は4階個室にて、離床期から日常生活に慣れるまでの期間は眺望の良い5階のゆったりとした個室での入院生活を提供しております。個室ご希望の患者様は外来スタッフまでお申し出ください。

Q8 入院期間はどれくらいですか?

A8 退院後も安心した暮らしができるよう当院では術後の看護ケア・リハビリを大事にしています。一般的な股関節や膝関節の人工関節手術で4週程度、関節鏡手術で2-3週程度、脊椎手術でも3-4週程度となっています。もちろん一人一人の患者様の回復具合・生活環境に応じて入院期間を早めたり、遅らせたりは対応可能です。

Q9 リハビリはできますか?

A9 はい。当院ではチーム制を採用し、365日体制のリハビリテーションを入院患者さんへ提供しております。
専門性の高いリハビリスタッフがワンチームとなり患者さんを担当します。これにより”入院から外来まで途切れ目のないリハビリの実施”、 ”スタッフ間で患者さんの密な情報共有”が可能となり、患者さんに沿ったリハビリプログラムを実施しております。
また、各チームに女性スタッフが在籍しており、女性の方でも安心してリハビリを受けて頂くことが可能となっております。
整形外科手術をされる方が、「家に帰っても支障なく生活が出来るのか?」「車に乗りたい」など患者さんの不安を解決し、住み慣れた家で自分らしく暮らせるように、「入院前家屋調査アンケート」 専門の機器を使用した「自動車運転シミュレーション」などを実施しております。
リハビリを進めていく中で医師とのコミュニケーションを重視し、科学的根拠に基づいた最新の知識・技術を積極的に取り入れ患者さんに提供をしています。住宅改修・環境調整が必要と考えられた場合、担当リハビリスタッフがご自宅へ出向き、福祉用具の設置についてのアドバイスをさせて頂いております。
また、整形外科医師と連携し、スポーツ外来リハビリを月に4回実施しております。対象は小学生から高齢者まで、部活動をしているスポーツ選手、あらゆる競技レベルに対応して実施しております。
※詳しくは当院リハビリテーション部のホームページをご参照ください。
リハビリテーション部はこちらから

Q10 スポーツ選手の診察は可能ですか?

A10 はい。日本スポーツ協会公認スポーツドクター・日本整形外科学会認定スポーツ医の資格を有した専門医による診察を受けていただくことができます。リハビリスタッフと連携を図りながらスポーツ選手の怪我の治療・再発予防・パフォーマンス向上を目指して取り組んでいます。趣味・レクリエーションレベルのスポーツ愛好家から部活動・クラブチームのアスリートまでそれぞれの競技レベル・目標・体の状態に合わせて充実したスポーツ活動を続けられるようにサポートしています。

Q11 関節リウマチの治療は可能ですか?

A11 当院は日本整形外科学会ならびに日本リウマチ学会の研修指定病院であり、十分な研修を積んだ医師が治療にあたっております。
(橋本医師→日本リウマチ学会認定専門医(第1・3・5木曜))
レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、ゼルヤンツをはじめとした生物学的製剤も積極的に使用しており、内科医師のバックアップ体制のもと全身管理にも細心の注意を払って治療をしております。

外来診療 詳細は外来診療担当表をごらんください。

午前 ・・・ 月〜土 08:30〜11:30
午後 ・・・ 第1・3火 17:00〜19:00 スポーツ外来 岐阜大学 寺林医師
・・・ 第2・4月 17:00〜19:00 肩専門外来  川島医師
手術 午後(外来診察終了後)
入院病棟 急性期の患者さまは本館4階、5階の一般病棟、手術後など、リハビリ加療を中心に行う患者さまは新館3階の回復期リハビリテーション病棟に入院していただいております。
専門外来のご案内 【股関節専門外来】

秋山治彦 医師 (岐阜大学教授) /第2・4火曜日(午前)

【膝関節専門外来】

松本和 医師 (岐阜大学准教授) /第2・4木曜(午前)

【脊椎専門外来】

伏見一成 医師 (岐阜大学特任准教授) /毎月第4土曜

野澤聡 医師 (岐阜大学講師) /毎月第3土曜

【肩関節専門外来】

寺林伸夫 医師 (岐阜大学臨床講師) /毎週木曜(午前)

第1・3火曜日 スポーツ外来(肩・肘)(17:00〜19:00)

川島健志 医師 (当院整形外科部長) /第2・4月曜(17:00〜19:00)

【骨軟部腫瘍外来】

永野昭仁 (岐阜大学講師) /毎週金曜(午前)

※土曜日脊椎専門外来の 伏見一成 医師 に関しましては変更ありますので、予めご確認お願い致します。

ページトップ

社団医療法人かなめ会 山内ホスピタル

お電話でのお問い合わせ 058-276-2131