岐阜市にあります山内ホスピタルは、地域の皆様に安心、安全な医療を提供致します。

  • HOME >
  • 診療案内

診療案内

科の紹介

整形外科のご案内

当院整形外科は岐阜大学医学部付属病院整形外科の協力を得ながら幅広い整形外科疾患の治療にあたっています。

外来部門では腰痛や関節の痛みなど一般的な整形外科疾患から関節リウマチまで、正確な診断のもとに最善の治療がおこなえるようこころがけ日々の診療にあったっています。

なかでも関節リウマチの治療では早期発見/早期治療をキーワードに治療を行っています。

生物学的製剤も積極的に取り入れて患者さまの身体機能障害を少しでも早期から軽減/抑止できる治療に努めています。

手術部門では骨折などの外傷は当然ながら、背骨や関節の加齢性疾患に対しても手術適応を的確に診断し、患者さまによりよいADL向上がもたらせるよに努力しております。

外来診療 詳細は外来診療担当表をごらんください。

午前 ・・・ 月〜土 08:30〜11:30
午後 ・・・ 月曜日 16:00〜19:00 橋本医師
・・・ 金曜日 16:00〜19:00 川井医師
・・・ 第1・3火 17:00〜19:00 スポーツ外来 岐阜大学 寺林医師
手術 火曜日・木曜日・金曜日 午後(外来診察終了後)
入院病棟 急性期の患者さまは本館4階、5階の 一般病棟手術後などリハビリ加療を中心に行う患者さまは新館3階の回復期リハビリテーション病棟に入院していただいております。
専門外来のご案内 脊椎 専門外科
・・・岐阜大学 伏見一成 医師/毎月第4土曜 1回

股関節専門外来
・・・岐阜大学 瀧上伊織 医師/毎週火曜(午前),第2土曜(午前)

肩関節専門外来
・・・岐阜大学 寺林伸夫 医師/毎週木曜(午前),第1・3火曜日(17:00〜19:00

膝関節専門外来
・・・岐阜大学 松本 和 医師/第2・4木曜(午前)

骨軟部腫瘍外来
・・・岐阜大学 永野昭仁 医師/毎週金曜

※土曜日専門外来の 伏見一成 医師 に関しましては変更ありますので、予めご確認お願い致します。

関節リウマチとは?

関節リウマチは数年前まではなかなか治りにくい病気であったことは皆さんもご存じのことと思います。
しかし生物学的製剤とよばれる薬剤の登場により、その治療や患者さまの予後が大きく変わりました。
以前はステロイドやNSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛薬)とよばれる薬で痛みや腫れをコントロールしつつ、 DMARDs(疾患修飾性抗リウマチ薬)を使用しての治療が主体で、これら薬剤のみでも痛みや腫れはおさえられ患者さんのADLの向上はみられたものの、多くの場合、関節の変形は徐々に進み、また痛みや腫れも再燃しやすく、関節リウマチ患者さまを悩ませてきました。
しかし、日本では13年前にインフリキシマブ(商品名レミケード)という生物学的製剤の登場で関節リウマチの治療が格段に進みました。
現在では他にエタネルセプト(商品名エンブレル)、アダリムマブ(商品名ヒュミラ)、トシリズマブ(商品名アクテムラ)、アバタセプト(商品名オレンシア)、ゴリムマブ(商品名シンポニー)、セルトリズマブペゴル(商品名シムジア)7剤の生物学的製剤があります。
また、新規経口リウマチ薬であるトファシチニブ(商品名ゼルヤンツ)も2013年7月に発売されました。

しかし既存の薬剤(DMARDsやステロイド)を、併用することにより十分に疾患がコントロールできる場合もあり、必ずしも生物学的製剤を使用しなければならないということはありません。
いいかえるなら、以前は限られた薬剤で効果がなければ、為す術がなくただ関節の変形、痛みが進むのを耐えることが強いられていましたが、現在は生物学的製剤などの登場で治療の選択肢が増え、さらには関節破壊をも制御できる可能性さえ期待できるようになりました。

しかしこれらリウマチ薬にも、一般的な薬と同様に副作用もつきものであり、服薬に関しては定期的な検査や診察が不可欠であることは忘れてはなりません。
関節リウマチの治療は医師と、患者さまが協力して互いに信頼し、一緒に疾患と向き合わなければなりません。

関節リウマチは一度発症すると治らない病気との認識が根強くあります。
しかし現在は治療方法の向上で、完治はしないにしても痛みや腫れがとれ、関節の変形も抑制できる疾患へと変わりつつあります。
ここで完治しないと申しますのは、完治とは一切病院にも通院する必要がないことと自分の認識であるからです。
関節リウマチの薬物治療が奏功して、何の薬剤も使用しなくても症状が出ない状態になったとしても、長い目で見れば、定期的に受診していただき、経過をみていくことは必須と考えています。

当院整形外科では内科的な全身的なバックアップ体制の元で、患者さまの生活レベルがよりよく維持されるように万全の体制で治療にあったております。

関節リウマチでお悩みの方や、将来が心配な患者さまは、一度是非ご相談ください。

整形外科に関するQ&A

Q1 関節リウマチの治療はどの程度積極的に行ってみえますか?

A1 当院は日本整形外科学会ならびに日本リウマチ学会の研修指定病院であり、十分な研修を積んだ医師が治療にあたっております。
(橋本医師→日本リウマチ学会認定専門医(池田医師 内科非常勤 第1土曜))
レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、ゼルヤンツをはじめとした生物学的製剤も積極的に使用しており、内科医師のバックアップ体制のもと全身管理にも最新の注意を払って治療をしております。

Q2 外来診療体制はどのようですか?

A2 常勤整形外科医師は4名ですが、岐阜大学整形外科の強力なバックアップ体制のもとで最新の専門的治療を行っています。
関節や脊椎の専門外来とともに、これら医師による手術も実施しています。

関節外科、外骨腫 … 岐阜大学 松本和医師 / 股関節 … 岐阜大学 滝上伊織医師
肩関節外科 … 岐阜大学  寺林伸夫医師 / 骨軟部腫瘍 … 岐阜大学 永野昭仁医師
脊椎 … 岐阜大学  伏見一成医師

これら医師の診察日に関しましては整形外科外来スタッフにお聞きください

Q3 専門医師による手術は可能ですか?

A3 もちろん可能ですが、手術内容にもよりますので各医師にご相談ください。

Q4 大きな手術を受けるのに、全身的な(他疾患の)フォローは大丈夫ですか?

A4 はい。内科のバックアップもあり、手術前にしっかりと全身状態の診察検査をしており、より安全に手術がうけていただける環境を提供いたします。

Q5 自己血輸血はしてみえますか?

A5 はい。経験豊富な医師、看護師、ME(臨床工学士)が協力して万全の体制で行っています。

Q6 入院期間はどれくらいですか?

A6 受けられる手術にもよりますが、一般的な股関節や膝関節の人工関節手術で4週程度、脊椎手術でも3-4週程度となっています。

Q7 リハビリはできますか?

A7 はい。十分な理学療法士/作業療法士/言語聴覚士がおり早期離床、早期ADLアップにむけて積極的な訓練を行っております。

Q8 個室はありますか?

A8 はい。本館4階と5階に十分な数を備えております。手術直後で医師や看護師の厳重な監視が必要な患者さまは4階個室にて、離床期から日常生活に慣れるまでの期間は5階のトイレ付きのゆったりとした個室での入院生活を提供しております。いずれも差額は発生します。

Q9 主にどのような手術が多いですか?

A9 骨折などの外傷手術、人工関節手術(股関節・膝関節)や脊椎手術を多く行っています。手術件数は年間200件程度です。人工関節手術や脊椎手術に関しましては看護師も経験が豊富で病棟生活も安心して送っていただけます。

関連リンク

pc 岐阜大学整形外科へのリンク … http://www1.gifu-u.ac.jp/~ort/

pc 松本和医師のホームページ … http://kmatsu.jimdo.com/

ページトップ

社団医療法人かなめ会 山内ホスピタル

お電話でのお問い合わせ 058-276-2131